上司としての品格

私はこれまで複数の会社で働いたことがあるので、色んな上司を接する機会があった。おかけで少しは社内営業は上手くなったと思う(笑)本当に色々な人がいた。

1番面倒な奴は自分の武勇伝を語るのが好きで、部下に上司(上司の上司)の文句は良く言うがイエスマンで意見を言えない奴。

これは本当にカッコ悪い。。。

しかし、このタイプの上司は本当に多い。

部下は上司が部下に見られてない時にどういった動きをしているのかを実際はよく見ているの認識して欲しい。部下の前でいくらカッコつけても仕方ないのである。

板挟みになる中間管理職の宿命かもしれないが、よく喋る上司ほどあまり信用できないことがよく分かった。

果たしてすごい上司とはどういった人なのか?

多分これは部下にも色々な人間がいるので一概にコレっていうのは決めることは出来ないと思うが、以下の本にはある程度皆さんが納得する内容が書かれていると思う。

 

ビジネス書「すごい上司/ついて行きたいリーダーの背中」を出版しました。

このすごい上司という本で私が共感したのは、

◎出世できない上司ほど、話を複雑にする。

ということ。

これは上司だけでなく、簡単なことでも複雑にしてしまう人が多いと思う。

もっと簡単に考えてくれたらいいのにと思う。

 

ドリームニュース・ブログメディア参加記事